そばを打つ

空は青
装いも軽やかに
まさに小春日和のここ益子



中学の同級生でいとじゅんという友達がいました
同じバスケットボール部で
2~3年生とクラスも一緒
日曜日には連れ立って梅田に遊びに行ったり
休憩時間や放課後もよく遊んでいた仲間

いとじゅんはバスケットボールが上手く
高校大学とバスケを続けてました



あれは二十歳頃だったか

ある日
久しぶりにいとじゅんと遊んだ帰り道
彼は突然言いました
「オレ大学辞めてそば職人になるわ」
「ほら、牧落にそば屋あるやろ 
あそこに弟子入りすんねん」と

当時のぼくは
バンド活動に明け暮れる毎日

それを聞いて「?」と思ったことを
鮮明に覚えています
いとじゅんの言葉を理解するには
あまりに若かったのです
何せ大阪ではそばよりうどんですから



毎朝そばを打つ度に
いとじゅんのことを思い出しています

いとじゅん、今頃立派なそば屋さんに
なってるやろなぁ




スポンサーサイト

⇒comment

Secret

プロフィール

えのきだ窯 えのきだとも

Author:えのきだ窯 えのきだとも
栃木県は益子町にて
益子焼、手打ちそばのお店です

えのきだ窯本店
321-4217
栃木県芳賀郡益子町益子4240
0285-72-2528
10:0016:00 木曜定休

陶芸、そば、音楽、人 etcを通して日常を綴っています。


毎月第3日曜日
「益子朝市」にて 
益子では当店だけでしか味わえない
「そばいなり」の販売もしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR